5月臨時会が開催されましたー議会人事

公開日: : 最終更新日:2018/08/18 平成30年, 議会の活動報告 , ,

5月9日から11日までの日程で臨時会が開催され、新体制が決まりました。

議長及び副議長は、選挙により選出されました。

議会内部のルールにより、所信表明という形の意思表示を全員協議会で行い、その者に投票するということになりました。
結果、議長には、黒川議員と伊藤議員が名乗りを上げ、投票の結果、黒川議員9票・伊藤議員5票・無効1票(白票)で黒川議員が当選しました。
副議長には、大野議員のみが意思表示を行い、投票の結果、有効投票9票、無効投票6票となり、当選になりました。
私は、監査委員でしたが、辞表を提出し、新たに須藤議員が監査委員となりました。
退任のあいさつを次のとおり行いました。
「監査委員に就任してから、監査に関する研修に出かけたり、関西学院大学の石原教授の勧めで、地方監査会計技能士の資格を取得したりして、研鑽に努めてまいりました。実務としては、定期監査・工事監査のほか、指定管理者監査が始まり、行政監査、住民監査と多くの事案に向き合ってまいりました。まだまだ、個人的に行政監査として取り組んでいきたい課題も沢山あり、心残りであります。しかし、行政監査から住民監査に対する市当局の対応、特に先般の住民監査の監査委員からの勧告に対し、監査委員という組織自体を不信任とする回答は、誠に遺憾でありますし、信頼されていない中で監査委員の仕事はできないわけであり、辞表を提出したわけであります。
 後任の須藤議員には、今後、そのような環境の中で引き継ぐことで大変心苦しいところではありますが、行政の無謬性、つまり、行政のやることは間違いがないということはあり得ないわけで、そのような観点で監査の業務に臨んでいただきたいと切にお願いいたします。
 最後に、終始、公正・不偏の立場を貫いてこられた内藤代表監査委員、岡崎局長を始めとした職員の皆さんに敬意を払うと同時に、1年間の感謝を申しあげます。ありがとうございました。」
今度は、議会運営委員会の委員長を仰せつかりましたので、気持ちを一新して頑張って参ります。

H30.4.26住民監査措置

 

関連記事

岩倉市公の施設の使用料 値上げに関する考察

 まず、平成30年度行政経営プラン推進委員会議事録を見ていただきたいと思います。 委員長:使

記事を読む

2019年3月議会 一般質問を行います!

1期目最後の締めの一般質問。明日、傍聴者の方にお配りする資料です。 一般質問31年3月傍聴用

記事を読む

no image

保育園の統廃合ー岩倉市の保育関係者はもっと怒るべき!

岩倉市公立保育園適正配置方針の考え方(案)が議会に示されました。 「1 施設状況や園児数等から

記事を読む

no image

9月議会一般質問参考資料

1 子育てナンバーワンの市を目指すための具体的施策の一つとして、第3子という条件を撤廃し、給食費の無

記事を読む

ほりいわお通信21を発刊しました!!

6月議会の報告です。デマンド交通の代わりのふれ愛タクシー。300円から400円に! ホーリー

記事を読む

no image

二元代表制に対する市長の見識を問う

27年6月23日に一般質問を行いました。記録は、岩倉市のホームページから録画をみることができます。(

記事を読む

平成30年6月議会について ほりいわお通信に書きました!

6月議会における一般質問を中心にほりいわお通信をまとめました。 ホーリーニュース17 &

記事を読む

ほりいわお通信19を発刊しました。

平成30年12月議会が終わりました。ホーリーニュース19 今議会は3日に始まり、20日までの会

記事を読む

平成31年3月19日 全員協議会

異様な数の傍聴者 市長与党会派による動員か!?   3月19日、全員協議会が開催されました。

記事を読む

ほりいわお通信15を発刊しました!

12月議会の報告や監査委員としての仕事を書きました。 フェイスブックで書いたように、元旦に、走

記事を読む

ほり いわお へのメールはこちらから
ほりいわお通信27を発刊しました

9月議会の報告などです  1年に4回の定例議会。臨時議会や号外

6月議会が終了!コロナ感染症対策議会と命名

 6月23日の最終日には、新たな新型コロナウイルス感染症対策

令和2年3月議会の報告

ほりいわお通信24を発刊しました。 お伝えしたいことが多くて、

no image
明けましておめでとうございます。令和2年

ほりいわお通信23を発刊しました。本年もよろしくお願いします!

no image
岩倉市公の施設の使用料の値上げに対する考察②

9月議会における連合審査会の各議員の主張をまとめました。議員間討議の

→もっと見る

PAGE TOP ↑