令和元年9月議会一般質問

公開日: : 最終更新日:2019/09/27 平成31年(令和元年), 未分類, 議会の活動報告

傍聴者用の資料を掲載します。

1 がん患者の身体的・精神的な負担や、社会生活上の不安を和らげるための、ウィッグ購入費用の助成を求める

(2017年4月25日現在) 出典:http://www.cancernet.jp/seikatsu/appearance/

2 市長の政治姿勢を問う

  • 政党に所属していても無所属として立候補する実態が多いことについてどう考えるか。

武蔵野市議 川名ゆうじ氏のブログ http://blog.livedoor.jp/go_wild/archives/51798301.html

・森田新千葉県知事が自民党員であり、さらに自民党の支部長でありながら完全無所属として選挙を行っていたことで、公職選挙法で禁止された「虚偽事項の公表」に当たるなどとして千葉地検に告発された。
・確かに政党の「公認」を取らなければ党員であっても政党名を名乗らなくていい。これは、自治体議会(地方議会)でも同様で、政党に所属していても「公認」をとらないことで選挙公報などには無所属として表記される。しかし、党員であり政党活動をするのだから、無所属なのだろうか、そもそも無所属の定義はなにかとの疑問が残る。

・多くの人は、無所属と書かれていると政党とは関係ない人と思っていないだろうか。「公認」は本人が政党に対して申請し政党が許可することで決まるので、申請がない限り「公認」は得られない。政党に所属していたとしても、申請をしなければ政党を隠すことは簡単ということだ。所属する政党に人気があれば、政党を名乗り、風向きが悪ければ名乗らないこともできる。
・自治体議会では多くの場合、無所属と書かれている議員が多い。これは政党に所属しているかどうかではなく、選挙のときに公認を取ったかどうかでしかない。せめて所属政党を示すことは必要ではないだろうか。

  • 市長は、全国4位、3年連続愛知県1位の岩倉市議会の議会改革度ランキングをどう見ているのか。

「議会改革度調査 2018」早稲田大学マニフェスト研究所調べ 市ランキング (政令市、中核市のぞく)

1 位 三重県 四日市市議会
2 位 愛知県 岩倉市議会
3 位 石川県 加賀市議会
4 位 群馬県 桐生市議会
5 位 福島県 会津若松市議会
6 位 東京都 町田市議会
7 位 兵庫県 西脇市議会
8 位 京都府 福知山市議会
  • 選挙応援の在り方と二元代表制について討究する。

弁護士 田中 宏氏・・・北海道大学大学院法学研究科特任教授や、札幌弁護士会会長、北海道弁護士会連合会理事長、日本弁護士連合会副会長を歴任

出典:刈谷市議会議員 加藤けんじ議員のブログ=2012年刈谷市議会 議員研修会の講演

・地方議員の責務・使命は、地域の事情に精通し、言説をもって議案を審議できる能力、政策立案能力、条例制定能力などを通して、活発な議論に参加することである。そして、行政をチェックすること(行政監視機能)である。

・執行機関である市長からの提案を「受け身」で待つのではなく、議会が自治体の政策形成を提言し、あるいは首長提案を修正 することが大事である。

・首長と対決することもあり得る。機関対立構造は、当然相互チェックを想定しているので、機関間に対立があるのは、当たり前 のことなのである。

・異口同音に「地域の発展」というが、それに至る方法論が、将来ビジョンと整合しているだろうか。そして、どのように討論に参加したのか。これが議員の使命であろう。

・政策形成に当たり、市民との意見交換会や議会報告会はどのように開催されているのか。議員同士の徹底した討論が展開されているか。住民の陳情・請願を、住民の政策提言と受け止めることも大事なので、意見交換会は、市民からの政策提言を受け止める場となっているか。

・首長は、執行機関であり、議会は自治体の意思決定機関・議決機関である。議会は条例を制定し、予算決算を承認する議決機関 である。対等な代表機関である。同時に、首長に対するチェック機関なのである。地方議会において与党・野党という概念はおかしい。「機関対立主義」の下では、二元代表の各々が政策を闘わせる仕組みなのである。二つの機関が「並び立つ」ことが大事なのである。従って、議会そのものが、首長に対する野党でなければならない。いわば全員野党。

・首長と同じ政党が与党というのは、議会の使命の放棄。首長は議会のチェックを受けないのと同じことになり、やりたい放題 になってしまう。そして、議会と議員は、市職員からもなめられるのである。質問と答弁の内容を事前に摺合せたり、議場で答弁書を棒読みしたりする。これでは、議会は「儀式の場」と化してしまい、機能しなくなり、「八百長と学芸会」と批判されることになる。

・首長が市議選で市議候補者の応援演説をするのは自己矛盾。市長のポスターと市議候補者のポスターを掲げて、選挙運動をし ている人もいる。議員の使命を果たさないと宣言しているようなものであろう。

・国政では、議院内閣制を採る以上、総理を支える与党が必要。 しかし、地方自治の根幹は、二元的代表制であり、地方議会そのものが首長を抑制する野党でなければならない。

もう一つの視点

兵庫県芦屋市選挙管理委員会のQ&A

【Q2】 県知事や市長が,推薦人としてビラ等に職名を記載したり演説会の応援弁士として職名を名乗ったりすることはできますか?

A 単に職名を通常の方法で記載したり,演説会で単に職名を名乗ったりすることは直ちに地位利用になりませんが,もっぱらその県・市に関係する者(県職員・市職員等)を対象として行うときは該当する恐れがあります。

2 駅東の道路(桜通線)拡幅計画の見直しを問う

拡幅計画は、いつ計画されたのか。

拡幅の目的は駅へのアクセスを良くするためだというが、車も人口も減少していく中で、本当に必要なのか。

岩倉市の発展のためには、市長が公約とした掲げた駅前広場と一体化した面的整備が必要!

3 工場誘致と市の財政に与える影響について問う

これまでの工場の新設によって、岩倉市の財政は豊かになったのか。⇒財政力指数は上がっていない。

地方交付税制度により、収入が増えれば、計算上その75%分の国からの交付税が減額される仕組み。

企業誘致が、即、それが市の財政の豊かさにつながるのではない。

人の雇用、そして、人の経済活動による貨幣や資産の流動が経済の活性化になる。

★ほりいわおのプチ自慢★

平成16年第141期自治大学校で、経済学の試験(失われた10年に関する論文) 165名中1位の成績(5点満点のところ、ただ1人6点) 

成城大学経済学部 小平 裕教授から、子ども1人に係る教育費などを基礎に、人口減少による社会の経済損失を計算したことに対し、

ネットとか参考文献を引用せず、自分で考察したことに対する講評をいただいた。

関連記事

no image

ほりいわお通信8(9月議会の報告)

補正予算で問題になった保育園に設置する監視カメラは、ほりいわお通信7で特集しました。 それ以外

記事を読む

no image

給食センターの民間委託(一般質問とも関連)

新給食センターの建設、そして、建設を機に、調理業務を民間委託することが教育委員会の中で決定され、議会

記事を読む

no image

ほりいわお通信2

ホーリーニュース2 6月議会の初めての一般質問、緊張しました。早口になり、かみかみになった箇所

記事を読む

no image

二元代表制に対する市長の見識を問う

27年6月23日に一般質問を行いました。記録は、岩倉市のホームページから録画をみることができます。(

記事を読む

no image

一般質問について

本題に入る前に、所属会派の闊政クラブの意味について、書きたいと思います。 闊という文字は、「

記事を読む

平成28年9月議会に一般質問を行いました。

9月20日に議会にて、一般質問を行いました。 1 公の施設における指定管理者制度に対する認識を問う

記事を読む

no image

平成29年6月議会報告その5(お祭り広場と桜まつり)

桜まつりの今後について問う お祭り広場の雨対策を今後どうするのか。 問)このことにつ

記事を読む

no image

岩倉市のデマンド交通について考える

 令和元年6月議会において、デマンド交通として5年間運行してきた「のり愛い~わ号」を廃止し、空きタ

記事を読む

no image

ほりいわお通信7 特集号

保育園の監視カメラ設置のニュースを発刊しました。 保育園7園で配布したいと思います。 %

記事を読む

ホーリーニュース4を発刊しました!

うーん。またもや文字だらけ。伝えたいことが多すぎるんですね。 ホーリーニュース4

記事を読む

ほり いわお へのメールはこちらから
ほりいわお通信27を発刊しました

9月議会の報告などです  1年に4回の定例議会。臨時議会や号外

6月議会が終了!コロナ感染症対策議会と命名

 6月23日の最終日には、新たな新型コロナウイルス感染症対策

令和2年3月議会の報告

ほりいわお通信24を発刊しました。 お伝えしたいことが多くて、

no image
明けましておめでとうございます。令和2年

ほりいわお通信23を発刊しました。本年もよろしくお願いします!

no image
岩倉市公の施設の使用料の値上げに対する考察②

9月議会における連合審査会の各議員の主張をまとめました。議員間討議の

→もっと見る

PAGE TOP ↑