平成31年3月議会一般質問

公開日: : 未分類, 議会の活動報告

岩倉市の将来都市像

「健康で明るい緑の文化都市」の緑の重要性を再度問う

 北島の自然生態園は、ビオトープとして、 私が職員時代に携わった思い入れのある施設です。その後、岩倉市は、緑の基本計画を策定し、ビオトープネットワークを創造するという計画を作りました。しかし、4年間の議会における一般質問や議案質疑において、市は、開発を優先し、市長の口からも、緑の基本計画の見直しの中で、その構想を後退させるような発言 が出てきています。

 平成30年12月議会では、工場立地法の規制緩和により、工場を立地する際の緑地帯を設けなければならない率を、国基準から大幅に引き下げてもよい条例を制定してしまいました。

  環境施設面積 うち緑地面積
国の準則 25%以上 20%以上
岩倉市の準則 10%以上 5%以上

 私は、その際、反対しました。しかし、再度、改めてその改正の趣旨を確かめたところ、やはり、岩倉市が大幅に工場立地の際に、緑化率を引き下げる特殊な要因はないことを確信した次第です。市当局は、法改正の趣旨を間違えて解釈しています。

 工場立地法による国が定める準則工場を立地するときの緑化率の縛りは、最低限を定めるものです。法律の改正は、地域の実情に合わせ、国の定める範囲内(環境施設面積10%~35%、緑地面積5%~30%)において独自に策定が可能としたものです。もう少しわかりやすく言うとつぎのようになります

 工場の立地の条件は様々であるため、条件に当てはまる区域については、それぞれの自治体で国の基準ではなく、独自に、緑化率を高めても、減らしても良いということなのです。その判断条件として、法律では、自然的条件・社会的条件が示されており、例えば自然的条件でいえば、その工場の立地区域の周辺が海、林、崖等に囲まれている特殊な地形条件であるときには、緑地帯を減らしても差し支えないし、逆に、工場の種類によっては、その土地固有の風向きや気温といった特殊要因と相まって、多少離れている地域の住民に影響が出ると予想される場合には、緑地帯をもっと設けた方が良いという場合もあるでしょう。

 岩倉市は、社会的条件しか考慮していないのです。百歩譲って、法人税が少なく、少しでも工場の稼働面積を増やすのが岩倉市の特殊事情だとしても、環境都市宣言、岩倉市の緑の基本計画や、現実問題としての緑の激しい減少状況と今の実態からすると、予測されるマイナス分の緑化については、他の部分で増やす努力目標の変更が必要ではないでしょうか。

緑の基本計画 第1章 現況調査の最初に、自然的条件調査の記述があり、その中に緑の現況量があります。

「緑の現況量は、平成8年当時と比べ市街化区域内では 81.7ha から 40.9ha とほぼ 50%減少しています。一方、市街化調整区域では 34.2ha で約 11%減少し、市域全体では 75.0ha、約 19%の減少となっています。 本市は、平坦な地形特性から自然林などは見られず、農耕地と市街地で構成されています。市街化調整区域には水田が広がり、市街化区域内の住宅地にも小規模な畑が点在し、これら農地(水田+畑)は 289.4ha で市域(1,049.0ha)の概ね 30%を占めて います。」

工場立地法の逐条解説の自然的条件・社会的条件の解釈も理解できますが、法律の解釈権は自治体にもあるわけで、岩倉市が定める緑の基本計画の、自然的条件・社会的条件も判断材料とすることに、何の裁量権の逸脱もないと考えます。

 近隣自治体が、規制緩和として工場立地の際の緑化率を引き下げたから岩倉も、ではなく、きちんと法律の趣旨、わが市の実情を鑑みて、解釈をし、条例を定めるべきです。

  

関連記事

平成29年6月議会の報告その3(一般質問)・・・学校給食・食育関連

この件は、予定していた質問を大きく割愛してしまいました。全体で1時間という短い質問時間の中での仕方の

記事を読む

政治倫理審査会の開催を求めました!Vol.2

●8月21日に開催請求書を提出  その後、執行機関側の説明を聞くための全員協議会を開くことを条件に

記事を読む

6月議会が終了!コロナ感染症対策議会と命名

 6月23日の最終日には、新たな新型コロナウイルス感染症対策に係る補正予算が追加提案されま

記事を読む

no image

岩倉市副市長人事の案件は、やむなく退席(実質的には反対)

Facebookにも同じ記事を載せていますが、少し筆を加えたいと思います。 自治体では、教育委

記事を読む

no image

6月議会における一般質問内容予告

岩倉市議会会議規則で、次のように定められています。 第60条 議員は、市の一般事務について、議

記事を読む

no image

ほりいわおニュース3を発刊しました!

ホーリーニュース3 11月15日号の「ぎかいだより」に一般質問の質疑内容が掲載されますが、1人

記事を読む

no image

6月議会報告その2(請願の審議)

請願の審議 5月臨時会で市民からの「土岐市核融合科学研究所における重水素実 験に関する請願」に

記事を読む

平成29年3月議会が始まりました!!選任案件に同意せず!

まず、久保田市長の所信表明には、たくさんの支援者が傍聴し、発言に大きな拍手を送っていました。

記事を読む

お祭りへの寄附に関するまとめ

地区の桜まつりへの酒の寄附の問題点の整理 1 桜まつりの飲食は、会費制であったのか。 →

記事を読む

ほりいわお通信19を発刊しました。

平成30年12月議会が終わりました。ホーリーニュース19 今議会は3日に始まり、20日までの会

記事を読む

ほり いわお へのメールはこちらから
ほりいわお通信27を発刊しました

9月議会の報告などです  1年に4回の定例議会。臨時議会や号外

6月議会が終了!コロナ感染症対策議会と命名

 6月23日の最終日には、新たな新型コロナウイルス感染症対策

令和2年3月議会の報告

ほりいわお通信24を発刊しました。 お伝えしたいことが多くて、

no image
明けましておめでとうございます。令和2年

ほりいわお通信23を発刊しました。本年もよろしくお願いします!

no image
岩倉市公の施設の使用料の値上げに対する考察②

9月議会における連合審査会の各議員の主張をまとめました。議員間討議の

→もっと見る

PAGE TOP ↑