デイサービスセンターで行っているさわやか音楽会で思うこと

公開日: : 最終更新日:2018/08/19 趣味活動

 Facebookにも書いたのですが、先日の中央デイケアサービスセンターでのさわやか音楽会は、スタッフの皆さんのサポートもあり、私にしては珍しくトークも冴えて、大いに盛り上がりました。
 「四季の歌」を歌った後に、参加してみえた利用者さんから歌詞に出てきた「ハイネ」という意味を問われ、「外国の詩人の名前ですよ」と答えたら、別の女性の参加者から「ちじん?ですか」と返ってきたので「詩人です。日本でいうと中原中也さんのような」と応答し、そのついでに「谷崎潤一郎の痴人の愛の痴人ではありません」と言ったら、ウケたので、更に、「実は、年を取るにつれてドンドン身長が ちぢん でしまって。昔は180cmくらいあったんですが・・・」と調子に乗ってジョークを飛ばしたら、またまた大うけしました。
 デイサービスに来ている高齢者の皆さんとこのような会話で盛り上がったことに少々の驚きとともに、喜びを感じました。改めて、昔、覚えた事柄というのは、年を取っても記憶に残っているんだなあと思った反面、何回お邪魔しても、私の名前を憶えていただけないというギャップに苦笑です。

もう一つ、坂本 九さんの「上を向いて歩こう」を歌う前に、「次の歌は、坂本 はち さんの歌の、上を向いて歩こうです」と紹介すると期待どおり、「八じゃないわ・九だわ」とおばあさんが返してくれました。

 そして、「この歌をあちこちで歌うと、昔のことを思い出すんでしょうか、涙をこぼす方がみえます。今日も、ほりいわおが皆さんを泣かせてみせます!」と大見えを切って、この歌を歌いました。たとえ、少人数でも真剣に聞いてくれる聴衆がいるという幸せに、精いっぱい心を込めて歌いました。歌い終わったあと、涙を拭う方が数人おみえになりました。歌い手冥利につきるときです。

 アンコールをいただき、約1時間という短い時間の共有も終わり、「また来てね」という暖かい言葉が、私にとって、最高のギャラ(報酬)です。

 

関連記事

巡縁記その3 五十嵐顕 東京大学名誉教授

野沢温泉村と五十嵐桂葉先生の縁は、ご主人の五十嵐顕氏が民宿「まるじ」さんに滞在し、執筆していたことに

記事を読む

五条川クリーンアップ作戦

平成31年3月9日 私はOYGクラブとして、集めたゴミをトラックに詰め込む役回りで南部中

記事を読む

びほく子ども食堂のお便りです

3月17日に開催した、びほく子ども食堂のお便りができましたので、掲載させていただきます。 子

記事を読む

巡縁記その2・・・野沢温泉村、合併の危機

1995年の合併特例法の施行から始まった平成大合併。御多分に漏れず、野沢温泉村でも様々なドラマがあっ

記事を読む

巡縁記その1

野沢温泉スキー場 40年前、高校の仲間で行った思い出深い場所。その頃は夜行電車の荷棚にフックでスキ

記事を読む

巡縁記その4 数々の本

五十嵐ばあちゃんから読みなさいと渡されている「五十嵐顕追悼集」という本の中に、東京大学教授から名古屋

記事を読む

ほり いわお へのメールはこちらから
ほりいわお通信27を発刊しました

9月議会の報告などです  1年に4回の定例議会。臨時議会や号外

6月議会が終了!コロナ感染症対策議会と命名

 6月23日の最終日には、新たな新型コロナウイルス感染症対策

令和2年3月議会の報告

ほりいわお通信24を発刊しました。 お伝えしたいことが多くて、

no image
明けましておめでとうございます。令和2年

ほりいわお通信23を発刊しました。本年もよろしくお願いします!

no image
岩倉市公の施設の使用料の値上げに対する考察②

9月議会における連合審査会の各議員の主張をまとめました。議員間討議の

→もっと見る

PAGE TOP ↑